ここから本文です

【ディーラー発】様子見姿勢強まる(NY午前)

9月19日(木)1時09分配信 セントラル短資FX

FOMC政策金利発表やパウエルFRB議長の会見を控え様子見姿勢が強まる展開。NYダウが軟調に推移する中、ドル円は引き続き108円20銭前後で小幅な値動きに終始。クロス円もユーロ円が118円65銭前後で、ポンド円が135円ちょうど前後で売買が交錯しているほか、豪ドル円も74円ちょうど前後で揉み合い。また、ユーロドルも1.1060前後で、ポンドドルも1.2480前後で動意薄となっている。1時09分現在、ドル円108.170-173、ユーロ円119.664-668、ユーロドル1.10624-627で推移している。

最終更新:9月19日(木)1時09分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン