ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、続伸=ナスダックも高い(19日午前)

9月19日(木)23時59分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】19日午前のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の進展期待などを背景に続伸している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時20分現在、前日終値比98.13ドル高の2万7245.21ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は47.58ポイント高の8224.97。
 米中両政府は19日、次官級の貿易協議をワシントンで開始した。米中の直接交渉は7月末以来約2カ月ぶり。10月初旬に予定されている閣僚級協議に向け、中国は米農産物の輸入再開などで歩み寄りを探る構えとみられる。一方、米国は中国の不公正慣行是正などをめぐり前進を目指す。事態打開は容易ではないとみられているが、協議の進展への期待が一部で根強いもようだ。
 この日午前に発表された米経済指標で、雇用・住宅関連統計がいずれも市場予想よりも良好な内容だったことも相場の支援材料。米労働省が発表した最新週の新規失業保険申請は、前週比2000件増の20万8000件と、市場予想(ロイター通信調べ)の21万3000件を下回った。8月の中古住宅販売件数は年換算で前月比1.3%増の549万戸。市場予想は537万戸だった。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は17、18両日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で大方の予想通り0.25%利下げを決定。年内の追加金融緩和には含みを残した。今後の金融政策について明確な方針を示さなかったと受け止められ、影響は限られた。
 個別銘柄では、マイクロソフトが2.6%高と、ダウ全体の上げを先導。400億ドル規模の自社株購入計画発表が好感された。中国市場への依存度が比較的高いとされる銘柄の一角も物色されており、ダウ、ボーイング、スリーエムなども堅調。半面、ウォルト・ディズニーは0.9%下落している。(了)

最終更新:9月20日(金)2時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン