ここから本文です

ピックルスが大幅高で上場来高値、上期経常を46%上方修正、通期も増額

9月19日(木)9時06分配信 株探ニュース

ピックルス <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
ピックルス <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
中村屋 4,585 -45
カネ美食品 3,005 +5
日東ベスト 885 +12
わらべやH 1,847 -35
ピックルス 2,590 -15
 ピックルスコーポレーション <2925> が急反発し、上場来高値を更新した。18日大引け後、20年2月期上期(3-8月)の連結経常利益を従来予想の10.1億円→14.7億円に45.7%上方修正したことが買い材料視された。

 原料野菜の仕入れ価格が安定したほか、佐賀工場が稼働から1年が経過し製造効率が改善したことが上振れの要因となった。併せて、通期の同利益も従来予想の17.3億円→19.9億円に14.8%上方修正。増益率が11.4%増→27.9%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。下期は「ご飯がススムキムチ」発売10周年を記念した広告宣伝などを更に強化する予定だ。

株探ニュース(minkabu PRESS)

ピックルスとよく比較される銘柄:セブン&アイ <3382> 、わらべ日洋 <2918> 、カネ美食品 <2669> 、日東ベスト <2877> 、中村屋 <2204>

最終更新:9月19日(木)9時06分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン