ここから本文です

ピックルスコーポレーションは今期第2四半期・通期連結業績予想を上方修正

9月19日(木)9時04分配信 サーチナ

ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は18日引け後、今期第2四半期・通期連結業績予想を上方修正した。
拡大写真
ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は18日引け後、今期第2四半期・通期連結業績予想を上方修正した。
現在値
ピックルス 2,603 -53
■野菜の仕入れ価格が安定していたことと佐賀工場の製造効率が改善したが要因
 ピックルスコーポレーション <2925> は18日引け後、今期第2四半期・通期連結業績予想を上方修正した。
 
 上方修正の要因としては、売上はほぼ当初予想の見込みで推移しているが、利益面においては野菜の仕入れ価格が安定していたことと佐賀工場が稼働から1年経過し製造効率が改善したことで当初予想を上回る見込みとなったことを挙げている。
 
 20年2月期第2四半期連結業績予想の売上高は、前回予想を2億04百万円上回る215億37百万円(前回予想比1.0%増)、営業利益は4億73百万円上回る13億89百万円(同51.8%増)、経常利益は4億61百万円上回る14億72百万円(同45.7%増)、純利益は3億89百万円上回る9億96百万円(同64.2%増)と利益面で当初予想を大幅に上回る見込み。
 
 第2四半期を上方修正したことで、通期連結業績予想も上方修正となった。
 
 通期に関しては、売上高を2億03百万円、営業利益を2億73百万円、経常利益を2億56百万円、純利益を2億71百万円上方修正した。
 
 その結果、通期連結業績は、売上高427億16百万円(前回予想比0.5%増)、営業利益18億53百万円(同17.3%増)、経常利益19億96百万円(同14.8%増)、純利益13億12百万円(同26.1%増)となる見込み。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:9月19日(木)9時04分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン