ここから本文です

馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術:「銘柄スカウター」×「トレードステーション」~黒字転換銘柄の探し方~

9月18日(水)12時39分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
石油資源開 2,959 -32
メディDV 1,090 +17
アクトコル 1,242 +45
アシックス 1,680 +32
吉野家HD 2,724 -5
皆さま、こんにちは。フィスコ企業リサーチレポーターの馬渕磨理子です。

『馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術』と題して、私が普段のトレードで使っている分析ツール「トレードステーション」について、その活用方法を、最新のニュース情報も交えながらお話しする連載です。


■黒字転換銘柄の探し方

四半期ベースで黒字転換のタイミングを見つけだすことができると、株価の初動を捉える可能性が高くなります。そんな黒字転換銘柄を簡単にスクリーニングする際におすすめのツールが、マネックス証券の日本株銘柄分析ツール「マネックス銘柄スカウター」です。(以下、「銘柄スカウター」と呼びます)

この「銘柄スカウター」と「トレードステーション」を組み合わせる話はよくセミナーでも話題にしておりますが、私自身この組み合わせを利用すると銘柄分析が最強になると感じています。今回は、私が実践している内容をお伝えいたしますね。

■「銘柄スカウター」は“痒い所に手が届く”ツール

「銘柄スカウター」の「10年スクリーニング」機能は、投資家の“痒い所に手が届く”ツールといえるでしょう。色々オススメの機能はたくさんありますが、その中でも『前年同期比で経常利益が黒字転換した銘柄』をスクリーニングできる機能は、本当に便利です。

たとえば、時価総額50億円以上という条件に、詳細条件にて四半期業績タブ内の経常利益(直近実績)について黒字転換という条件を加えてスクリーニングしてみると、117銘柄の結果がでてきます(9月9日時点)。さらに、「決算予定」タブの中から、決算期は「すべて」を選択、直近経常利益天気にて「晴れ」を選ぶと25銘柄まで絞り込むことができます。

■黒字転換で経常利益天気が「晴れ」の銘柄とは

さて、どんな銘柄が抽出できたのか見ていきたいと思います。

・吉野家ホールディングス<9861>
7月9日の決算では、今期1Qの連結経常利益が12.5億円(前年同期は0.44億円の赤字)となり、大幅に黒字転換しています。同社は、外食産業であるため消費増税の風向きが強いかと思われますが、宅配やテイクアウトにも力を入れており、他の外食産業よりも強みがあると言えます。

・メディカル・データ・ビジョン<3902>
国内最大級の診療データベースを持つ同社は、8月9日の決算では、2Q時点(上期)の連結経常利益が2.70億円の黒字(前年同期は0.40億円の赤字)と黒字浮上しております。ちなみに、同社は1Q時点でも黒字浮上していますが、まだ株価が立ち上がっておらず、動き出しが鈍いようです。(さらに、前年同期比ではなく、四半期ごとのヒストリカルデータを見てみると2018年3Qで経常利益が黒字転換しています。)

その他、住宅トラブル緊急駆け付けサービスを展開するアクトコール<6064>、スポーツ用品メーカー大手のアシックス<7936>、石油・天然ガスの探鉱・開発を手掛ける石油資源開発<1662>なども抽出されました。

今回上げた銘柄以外のスクリーニングで抽出された銘柄は、マネックス証券のトレードステーションのワークスペースにてまとめていますのでぜひご覧ください。

(その他の代表的な『銘柄スカウター×トレードステーション』の銘柄リストは、『マネックス証券トレードステーションのHP コラム・レポートのページ』からダウンロードできます。)

次回も、このような形で、話題のニュースから読み解いたテーマとトレードステーションのツールについてお話しします。

※「馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術」は、米国TradeStation Groupが開発したトレーディングツール「トレードステーション」の日本語版(マネックス証券が提供)を馬渕磨理子の見解で注目し、コメントしたものです。開発会社や日本語版提供会社との見解とは異なる場合があります。

(フィスコ企業リサーチレポーター 馬渕磨理子)


《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:9月18日(水)12時43分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン