ここから本文です

【本日の材料と銘柄】災害リスク回避で、ガス発電の導入広がる

9月18日(水)15時30分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
新日空調 1,962 +11
シンフォテ 1,243 +8
デンヨー 1,758 +5
邦ガス 4,215 +5
災害リスクを回避するため、中部地方の病院や学校で、ガスを利用した発電・空調システムの導入が広がっていることが一部メディアによって報じられている。東邦ガス
<9533>が納入し設置済みの発電システムの総発電容量は、大型液化天然ガス(LNG)火力発電所1基に相当する75万キロワットにのぼるという。自然災害への危機感からエネルギー分散への関心が高まっているため、今後ますますこうした動きが広がっていく可能性が考えられる。

<1952>新日本空調{空調設備工事会社。原子力空調、微粒子可視化など独自技術に力}
<6507>シンフォニア{重電から電子精密へ転換。搬送装置や制御機器を展開。太陽パネルも}
<6517>デンヨー{可搬型発電機、溶接機で首位。震災を契機に非常用電源の多用途化推進}
<9533>東邦ガス{都市ガス大手。LPGに強み。コージェネ事業に注力}
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:9月18日(水)17時00分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン