ここから本文です

クオールホールディングス---2019年8月マンスリーレポートを発表、処方箋応需枚数、調剤報酬ともに順調に増加

9月18日(水)14時39分配信 フィスコ

現在値
クオールH 1,471 +9
クオールホールディングス<3034>は17日、2019年8月の調剤報酬および処方箋応需枚数動向を発表した。

2019年8月単月の調剤報酬は前年同月比19.8%増。処方箋応需枚数は13.2%増となった。土曜の営業日が2日間多く、昨年よりも営業時間は少なかったものの、8月に実施したM&Aの寄与・既存店の技術料の改善により処方箋応需枚数、調剤報酬ともに2ケタ増加した。営業日数は同じだが半日営業が2日多かった。 8月15日時点のグループ合計出店数は802店舗(うち売店21店舗)となっている。

なお、同社は8月に直前期売上高30.42億円のセラ・メディックの株式を100%取得し、子会社化している。

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:9月18日(水)14時39分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン