ここから本文です

JASDAQ平均は9日続伸、FOMCの結果待ちで上値は重く/JASDAQ市況

9月18日(水)16時21分配信 フィスコ

JASDAQ平均は9日続伸、FOMCの結果待ちで上値は重く

現在値
岩塚菓 3,875 -35
日本サード 1,246 +39
ANAP 580 -3
ラクオリア 1,377 +15
シンバイオ 649 -9
JASDAQ平均:3353.21 (+1.22)
出来高:8442万株
売買代金:423億円
J-Stock Index:3001.26 (+14.49)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小幅ながら9日続伸し、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはともに3日ぶりに反発した。値上がり銘柄数は259(スタンダード247、グロース12)、値下り銘柄数は309(スタンダード286、グロース23)、変わらずは76(スタンダード74、グロース2)。 本日のJASDAQ市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの姿勢から全般は模様眺め気分が広がり、小幅なレンジ内での動きにとどまった。前日の米国株高を受けて、日経平均も11連騰して始まるなど投資マインドは良好で、JASDAQ市場では、ハーモニック<6324>やワークマン<7564>など指数寄与度の高い時価総額上位銘柄などに買いが入り、JASDAQ平均は9連騰した。ただ、連騰警戒感から目先の利益を確保する動きも散見され、大引けにかけては上げ幅を縮小していく展開となった。 個別では、前日にストップ高まで買われた流れを引き継いだプロルート<8256>が前日比40円(+36.04%)高の151円と大幅に続伸し、Epigeneron社と創薬研究に関する共同研究契約などを締結したラクオリア創薬<4579>は前日比146円(+14.38%)高の1161円と大幅に続伸した。また、業績予想を上方修正した岩塚製菓<2221>も前日比215円(+5.58%)高の4065円と大幅に反発した。その他では、OSGコーポ<6757>、シンバイオ製薬<4582>、イマジニア<4644>、日本サード<2488>、ANAP<3189>、リバーエレテク<6666>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、前日に急上昇した反動からHAPiNS<7577>が前日比24円(-10.34%)安の208円と急反落したほか、アエリア<3758>、LCHD<8938>、中央化学<7895>、アストマックス<7162>、UFHD<4235>、ケイブ<3760>、クロスフォー<7810>、ユビAI<3858>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、セプテーニHD<4293>、夢真HD<2362>、ハーモニック<6324>などが値を上げた。
株式会社フィスコ

最終更新:9月18日(水)16時23分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン