ここから本文です

日経平均は5円程度安、買い先行後はポジション調整の売りが優勢のもよう=18日寄り付き

9月18日(水)9時25分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 955.7 +5.6
石油資源開 2,677 +46
王子HLD 547 +6
日本紙 1,828 +18
出光興産 3,080 +25
 18日午前9時21分すぎの日経平均株価は、前日比5円程度安い2万1995円前後で推移する。午前9時14分には、同21円64銭安の2万1979円68銭を付けている。きのう17日に下げ渋る動きをみせていたことや、現地17日の米国株式が上昇したことから、買いが先行した。ただ、きょう18日から日銀金融政策決定会合が開かれるほか、現地18日にはFOMC(米連邦公開市場委員会)後に声明文の発表やパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見が控えていることもあり、模様眺めムードが広がるなか、ポジション調整の売りが優勢のようだ。シカゴ日経平均先物の清算値は、17日の大阪取引所終値比45円高の2万1855円だった。

 業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株が下落。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株も安い。王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株や、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株も軟調。AGC <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株や、クレセゾン <8253> 、オリックス <8591> などのその他金融株も下げている。

 個別では、大豊工業 <6470> (監理)、シーイーシー <9692> 、コスモエネH <5021> 、アークランド <9842> 、三井海洋 <6269> などが下落。半面、デザインワン <6048> 、ストライク <6196> 、LIFULL <2120> 、ノムラシス <3940> 、福井コンH <9790> などが上昇している。

 東京外国為替市場は午前9時21分時点で、1ドル=108円台の前半(17日終値は1ドル=108円12-13銭)、1ユーロ=119円台の後半(同119円11-15銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月18日(水)9時25分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン