ここから本文です

ソフトバンクなど携帯キャリア3社、連日の高値も上値重い、「SIMロック」ルール見直しへ

9月18日(水)9時12分配信 モーニングスター

現在値
KDDI 3,178 -24
ソフバンク 1,481 -3
ドコモ 3,005 -17
 ソフトバンク <9434> に買いが先行し、連日で上場来高値を更新した。NTTドコモ <9437> 、KDDI <9433> もそろって高値を付けている。ただ、これまでの株価上昇の反動もあり、買い一巡後は上値がやや重い状況だ。

 ソフトバンクや「au」のKDDIが直近発表した、端末代金を大幅に割り引く代わりにSIMロックを100日間かける新たな販売制度を国が問題視する中、高市総務大臣は17日にSIMロックのルールを速やかに見直す考えを明らかにした。利用者の乗り換えを一段と促す方向だ。

 一方、目先は米アップルの新型iPhone(アイフォーン)をめぐる動きが注目される。13日までに出そろった大手キャリア3社の価格は、主力の「iPhone11(64ギガバイト)」でNTTドコモが8万5536円、auが8万8992円、ソフトバンクが8万9280円。端末購入プログラム適用時の割り引き価格はNTTドコモが5万7024円、auとソフトバンクはプログラム料込みでそれぞれ5万3856円、5万4000円としている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月18日(水)9時12分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン