ここから本文です

大盛工が急落、20年7月期の減収減益見通しを嫌気

9月18日(水)9時46分配信 モーニングスター

現在値
大盛工 225 -3
 大盛工業 <1844> が急落し、一時16円安の214円を付けている。17日引け後、20年7月期の連結業績予想を発表。減収減益見通しを示し、嫌気された。

 20年7月期業績は、売上高50億9400万円(前期比14.8%減)、営業利益3億7900万円(同12.5%減)を予想。建設事業において、これまで長期にわたって施工した東京都発注の上・下水道工事が、20年7月期に手持ち工事の約半数が完了する見込みで、一方、新たに受注した工事の本格稼働までに、約半年間の準備期間を要することが想定されることななどを織り込んだ。

 19年7月期決算は、売上高が59億7500万円(前期比44.3%増)、営業利益が4億3300万円(同39.2%増)だった。

 午前9時42分時点の株価は、前日比12円安の218円。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月18日(水)9時46分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン