ここから本文です

フーバーブレインが急騰しストップ高、デジタルグリッドへの資本参加、および業務提携を決議

9月18日(水)14時04分配信 モーニングスター

現在値
フーバーB 1,027 -17
 フーバーブレイン <3927> が急騰。17日引け後に、独自技術による電力融通サービスの展開を目指すデジタルグリッド(東京都千代田区)への資本参加および同社との業務提携を決議したと発表。好感買いに株価は前日比150円ストップ高の1068円まで値を上げている。

 デジタルグリッドは、IoT(モノのインターネット)技術やブロックチェーン技術を応用した電力取引に関する独自技術「デジタルグリッド技術」を活用し、新たな仕組みによる独自の電力プラットホーム「デジタルグリッドプラットホーム(DGP)」の開発を展開。DGPではブロックチェーン上のスマートコントラクト、独自開発のIoT機器「デジタルグリッドコントローラ(DGC)」およびAI(人工知能)による電力需要予測等により、発電源を特定したP2P(ピアトゥピア)の電力取引および環境価値取引が公正で効率的に行われることが、大いに期待されており、デジタルグリッドに対しては、すでに電力会社、ガス会社、総合商社、製造業・情報通信業の大手企業が出資を行っているという。

 同社は今後、デジタルグリッドおよびDGPに対して包括的なセキュリティーアドバイザーとして関与し、また、同社の有するセキュリティー技術や遠隔監視・集中管理技術等の独自技術を提供することによって、DGPのより公正で、より効率的な運営を可能とさせ、両社が協働することにより再生可能エネルギー市場の健全な発展への貢献を目指す方針。
 午後2時3分時点の株価は52円高の970円。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月18日(水)14時04分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン