ここから本文です

C&GSYS Research Memo(6):2019年12月期は営業利益32.4%増を目指す

9月17日(火)15時16分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
C&Gシス 408 +4
■今後の見通し

C&Gシステムズ<6633>の2019年12月期の業績は、売上高4,294百万円(前期比5.6%増)、営業利益304百万円(同32.4%増)、経常利益328百万円(同30.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益185百万円(同53.4%増)と予想されている。主力の国内CAD/CAMシステム等事業は下期偏重を見込んでいる。金型製造事業は、上期は前年同期比で大きく回復したが、下期については不透明感も残っているものの、通期では期初予想の収益を確保できる見込みである。そのため、通期の連結業績予想は期初の予想と変わっていない。

セグメント別売上高では、CAD/CAMシステム等事業を3,704百万円(同5.2%増)と予想している。海外主力市場及び保守売上高は堅調に推移する見込みで、通期でも増収を見込んでいる。金型製造事業においては、通期では589百万円(同8.3%増)を見込んでいる。下期については米中貿易摩擦の動向等による不透明感があるものの、現在の受注状況からの想定では、通期では期初予想の収益を確保できる見込みだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《ST》
株式会社フィスコ

最終更新:9月17日(火)15時42分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン