ここから本文です

オプティム---現場管理支援サービス「Smart Field」を提供、ロシアのいちご栽培を日本で遠隔支援

9月17日(火)11時15分配信 フィスコ

現在値
オプティム 2,705 -19
オプティム<3694>は13日、東京農業大学と日立トリプルウィンが実施している実証実験において、現場管理支援サービス「Smart Field」を提供したことを発表した。「Smart Field」はスマートグラス等のウェアラブルデバイスやスマホを用いて、現場と遠隔地をリアルタイムでつなぎ、画像共有・遠隔作業支援を行うとともに、作業記録・タスク管理やAI解析によって働くスタッフをサポートできるシステム。

実証実験はロシアにおいて日本式のいちご生産を行うもので、「Smart Field」を利用することで入力作業の省力化や、「見えない・伝わらない」といった双方向の現場での課題を遠隔地からサポートする。同サービスを利用した遠隔での作物の栽培支援などを行う事例は、これが初めてとなる。

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:9月17日(火)11時15分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン