ここから本文です

日経平均は20円程度安、売り先行後は下げ渋りの動き=17日寄り付き

9月17日(火)9時24分配信 モーニングスター

現在値
帝人 2,160 ---
東レ 846.2 ---
信越化 12,005 ---
花王 8,290 ---
浜ゴム 2,288 ---
 17日午前9時20分すぎの日経平均株価は、前週末比20円程度安い2万1970円前後で推移する。現地14日にサウジアラビアの石油関連施設が攻撃を受け、原油価格が高騰したことから、リスク回避姿勢が強まったことや、前週末13日まで日経平均株価は9連騰を演じていた反動もあり、売りが先行。午前9時3分には、同109円66銭安の2万1878円63銭を付けている。その後は、押し目を拾う動きも出ているもようで、下げ渋る展開となっている。シカゴ日経平均先物の清算値は、前週末13日の大阪取引所終値比55円安の2万1745円だった。

 業種別では、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株が下落。信越化 <4063> 、花王 <4452> などの化学株や、帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維株も安い。浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株や、王子HD <3861> 、三菱紙 <3864> などのパルプ紙株も軟調。三菱倉 <9301> 、上組 <9364> などの倉庫運輸株や、コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械株も下げている。

 個別では、enish <3667> 、フリービット <3843> 、エニグモ <3665> 、ファーストロジック <6037> 、日ペイントH <4612> などが下落。半面、コロプラ <3668> 、国際帝石 <1605> 、コスモエネH <5021> 、オルトプラス <3672> 、三井海洋 <6269> などが上昇している。

 東京外国為替市場は午前9時20分時点で、1ドル=108円台の前半(前週末13日終値は1ドル=107円95-96銭)、1ユーロ=118円台の後半(同119円75-79銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月17日(火)9時24分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン