ここから本文です

日経平均が10日ぶり反落スタート、サウジの石油関連施設が攻撃を受けリスク回避姿勢=17日寄り付き

9月17日(火)9時04分配信 モーニングスター

 17日の日経平均株価は、前週末比40円70銭安の2万1947円59銭と10日ぶりに反落してスタート。現地14日にサウジアラビアの石油関連施設が攻撃を受け、原油価格が高騰したことから、リスク回避姿勢が強まったことや、前週末13日まで日経平均株価は9連騰を演じていた反動もあり、売りが先行した。シカゴ日経平均先物の清算値は、前週末13日の大阪取引所終値比55円安の2万1745円だった。

 東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=108円台の前半(前週末13日終値は1ドル=107円95-96銭)、1ユーロ=118円台の後半(同119円75-79銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月17日(火)9時04分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン