ここから本文です

今日の株式見通し=軟調か 中東リスクが浮上し原油価格が急騰

9月17日(火)8時15分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は軟調か。米国株は下落。ダウ平均は142ドル安の27076ドルで取引を終えた。サウジアラビアの石油施設が攻撃を受けたことで原油価格が急騰。これを警戒した売りが優勢となった。ドル円は足元で108円10銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて55円安の21745円、ドル建てともに大証日中終値と比べて10円安の21790円で取引を終えた。

 ダウ平均が9営業日ぶりに反落しており、同様に上昇が続いていた日本株も売りに押される展開を予想する。ただ、ドル円はいったん地政学リスクの高まりを受けて円高に振れたものの反応は一時的で、その後はドル高の流れが強まり108円台まで戻している。CME225先物も大幅安を示唆しているわけではなく、そこまで大きな下げとはならないだろう。きょうからFOMCが開催されることもあり、安く始まった後は様子見姿勢の強い地合いが続くと考える。日経平均の予想レンジは21700円-21900円。

最終更新:9月17日(火)8時15分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン