ここから本文です

NY市場動向

9月16日(月)6時30分配信 フィスコ

ニューヨーク市場終値

現在値
資生堂 8,707 +117
ブリヂスト 4,294 +90
コマツ 2,480 +52.5
ソニー 6,311 +81
TDK 10,280 +220
NYDOW : 27219.52 (+37.07)
NASDAQ : 8176.71 (-17.75)
CME225 : 21870 (+70(大証比))


13日のNY市場はまちまち。ダウ平均は37.07ドル高の27219.52、ナスダックは17.75ポイント安の8176.71で取引を終了した。中国が国内企業に米農産物の購入を促したほか、追加関税の対象から米農産物を除外することを発表してアジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。8月小売売上高が予想を上回ったことも好感されたが、利益確定の動きから小動きとなった。セクター別では、銀行や運輸が上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器や不動産が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円高の21870円。ADRの日本株は、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、資生堂<4911>、コマツ<6301>、TDK<6762>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ブリヂストン<5108>、ホンダ<7267>は冴えないなど、対東証比較(1ドル108.09円換算)で高安まちまち。《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:9月16日(月)6時30分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン