ここから本文です

JASDAQ平均は7日続伸、投資マインドの改善続くも連休控え、戻り待ち売りで伸び悩む/JASDAQ市況

9月13日(金)16時14分配信 フィスコ

JASDAQ平均は7日続伸、投資マインドの改善続くも連休控え、戻り待ち売りで伸び悩む

現在値
シンクレイ 1,019 +12
レカム 129 ---
JエスコH 143 ---
クラスタT 560 -10
サムライJ 152 +4
JASDAQ平均:3349.14 (+3.32)
出来高:6409万株
売買代金:292億円
J-Stock Index:2997.27 (-2.08)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小幅に7日続伸し、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはともに3日ぶりに反落した。値上がり銘柄数は288(スタンダード277、グロース11)、値下り銘柄数は277(スタンダード260、グロース17)、変わらずは74(スタンダード66、グロース8)。 本日のJASDAQ市場は、前日の米国株高や円安進行など投資環境の好転が続いていることから買いが先行して始まった。トランプ大統領が12日、「中国との完全な合意を望む。暫定も検討する」との見解を示したことで、米中通商協議の進展期待がさらに高まり、個人投資家マインドの改善につながった。また、為替相場の円安傾向なども背景に本日の日経平均が一時22000円の大台を回復したこともプラスに働いた。ただ、ることから、次第に模様眺めムードが広がり、頭の重い展開となっていた。こうしたなか、個人投資家の資金は好材料を発表した銘柄などを中心に流入していた。 個別では、値動きの軽さからクラスターT<4240>が前日比80円(+24.92%)高の401円、SAMURAI<4764>が前日比27円(+20.61%)高の158円とそれぞれ大幅高となった。また、黒ニンジン含有の皮膚化粧料で特許取得を発表したアイビー化粧品<4918>は前日比150円(+16.54%)高の1057円、好業績が好感された日本テレホン<9425>は前日比80円(+16.03%)高の579円といずれもストップ高まで買われた。その他では、シンクレイヤ<1724>、レカム<3323>、業績の上方修正があったラ・アトレ<8885>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、25日移動平均線を大きく下回ったオリコン<4800>が前日比158円(-9.44%)安の1515円と大幅に続落し、5日線を下抜けたJエスコムHD<3779>も前日比15円(-8.67%)安の158円と続落した。この他では、日邦産業<9913>、アストマックス<7162>、リバーエレテク<6666>、ジェーソン<3080>、ジーダット<3841>、サンオータス<7623>、中期経営計画における営業損益目標の下方修正発表のあったDWTI<4576>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、ハーモニック<6324>、ユニバーサル<6425>、フェローテク<6890>などが値を下げた。
株式会社フィスコ

最終更新:9月13日(金)16時19分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン