ここから本文です

香港前引け:反落、一時27000ポイント割れ 香港証券取引所に売り

9月12日(木)13時16分配信 トレーダーズ・ウェブ

 12日前場の香港株式市場でハンセン指数は反落。前場終値は前日比0.15%安の27118.69ポイントだった。中国企業指数は0.29%高の10595.74ポイント。半日のメインボードの売買代金は概算で436億1000万HKドルだった。

 ハンセン指数は高く寄り付いて始まったが、ほどなくしてマイナス圏に沈んだ。前日に6週間ぶりの高値を付けた後で利益確定売りが出やすい環境。ただ、米中貿易摩擦を巡って、トランプ米大統領が10月1日に予定されていた対中関税引き上げを15日に先送りすると表明したことが伝わるなか、同問題への警戒感が和らぎ、相場の支えとなった。指数は前場中盤にかけて一時、節目の27000ポイントを下回る場面もみられた。ただ、同水準で下げ渋ると、前引けにかけて下げ幅を縮めた。

 個別では、前日にロンドン証券取引所に合併を提案した香港証券取引所(00388)が安い。中国石油メジャーのペトロチャイナ(00857)、アジア生保大手のAIAグループ(01299)、欧州金融大手のHSBC(00005)が売られた。半面、医薬品メーカーの石薬集団(01093)や中国生物製薬(01177)、スマホ部品メーカーの瑞声科技(02018)や舜宇光学科技(02382)が高い。IT大手のテンセント(00700)が堅調だった。
浅野

最終更新:9月12日(木)13時16分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン