ここから本文です

【日経新聞1面】社会保障改革・経済安定・改憲論議への政策期待【本日の材料と銘柄】

9月12日(木)12時48分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
ソニー 6,411 +36
NTT 5,209 -62
ソフトBG 4,624 +8
社会保障改革・経済安定・改憲論議への政策期待
再改造内閣、首相会見「社会保障改革、総力で」、全世代型へ新会議、自民主導で改憲論議

第4次安倍再改造内閣が11日、皇居での認証式を経て発足。安倍首相が首相官邸で記者会見、社会保障改革に関しては「関係閣僚の総力をあげて全世代が安心できる社会保障制度を大胆に構想する」と述べ、来週にも新会議の初会合を開く考えを表明。憲法改正は自民党が主導して国会で議論進展に取り組むことに期待を示した。

「令和」初の内閣改造を安倍首相は「安定した土台を維持し、老壮青で令和の時代の新しい国作りに挑戦する。安定と挑戦の内閣だ」と語った。38歳の小泉進次郎氏を環境相として起用し「若手ならではの斬新な発想での取り組みを期待する」と述べ、菅官房長官と岸田政調会長の続投、茂木氏を外相、河野氏を防衛相、加藤氏を厚労相と重要閣僚に置き、ポスト安倍候補を競わせる布陣を意識した。自民党の新役員は、二階幹事長と岸田政調会長、森山国会対策委員長を再任し、改憲論議の前進に向け安定を重視した。

子供から高齢者まで後押しする全世代型社会保障改革に全力で取り組む姿勢を示した。西村経済財政・再生相に全世代型社会保障改革相を兼務させ、厚生労働相は自らに近い加藤氏を再登板させた。新設する検討会議は首相が議長を務め、西村氏や加藤氏、麻生氏らで構成、雇用・年金・医療・介護など幅広い分野で具体策を検討する。雇用制度では「70歳までの就業機会を確保する」と強調、中途採用の大幅な拡大と共に高齢者が働き易い環境を整える。年金では「年金受給年齢の選択肢を拡大する」と述べ、70歳までとなっている年金の受け取り開始年齢を75歳まで選べるようにする仕組みを作る。

10月の消費税増税は予定通り実施する考えを改めて表明、「世界経済が抱える下振れリスクが顕在化すれば機動的かつ万全の政策対応をする」と語った。飲食料品の税率を8%に抑える軽減税率に関し「導入の準備に万全を期す。十二分な説明を心掛けたい」と述べた。

憲法改正は「困難な挑戦だが、必ずや成し遂げる」と強調。「憲法改正原案の策定に向け、自民党が憲法審査会で強いリーダーシップを発揮していくべきだ」と述べ、国会発議に向けて「与野党の枠を超えて活発な議論をしてもらいたい」と呼びかけた。

第4次安倍再改造内閣の発足に伴い、安倍首相が記者会見を行った。“安定と挑戦”を掲げ、社会保障改革、経済安定、活発な改憲論議を政策の柱に据えた。「在るべき日本の姿」を目指した政策を確実に実行して行くことが、改めて、日本株市場に投資マネーを呼び込むことになることが期待されよう。



<72031>トヨタ{自動車生産・販売で国内登録車シェア44%・世界3位、時価総額1位}
<9432>NTT{通信事業最大手・NTTドコモ/東日本・西日本/データなど、時価総額2位}
<9984>SBG{投資会社としてソフトバンク・ビジョン・ファンドを運営、時価総額3位}
<6758>ソニー{電機・ゲーム・音楽・映画・金融と多角化、時価総額5位}
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
《ST》
株式会社フィスコ

最終更新:9月12日(木)16時53分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン