ここから本文です

米国株式市場:中国が一部の追加関税を除外し交渉の進展期待、NYダウ6日続伸、ナスダック4日ぶり反発

9月12日(木)7時46分配信 モーニングスター

 11日の米国株式は、NYダウが前日比227.61ドル高の2万7137.04ドルと6日続伸、ナスダック総合指数が同85.523ポイント高の8169.678ポイントと4日ぶりに反発して取引を終了。NYダウは終値ベースで7月30日以来、1カ月半ぶりに2万7000ドル台を回復した。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億4907万株、ナスダック市場が23億3299万株だった。

 中国政府は11日、米国に対する報復として発動した追加関税について、抗がん剤や潤滑油など16品目を対象から除外すると発表。10月にも開催が予定されている米中閣僚級による貿易協議への進展期待が高まり、株価を押し上げた。NYダウ採用銘柄では、ボーイングやアップル、キャタピラーなどが値上り率の上位に入っている。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、11日の大阪取引所終値比105円高の2万1665円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月12日(木)7時46分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン