ここから本文です

【ディーラー発】円売り優勢(東京午前)

9月12日(木)11時15分配信 セントラル短資FX

トランプ米大統領が対中関税の引き上げを10月1日から15日に延期すると表明したことで、米中通商交渉進展の期待感からリスク選好の円売りが優勢に。ドル円は日経平均や米債利回りの上昇も後押しとなり一時108円10銭付近まで上伸。また、クロス円もユーロ円が119円06銭付近まで、ポンド円が133円33銭付近まで値を伸ばしたほか、豪ドル円は74円32銭付近まで買われ堅調に推移している。11時14分現在、ドル円108.005-008、ユーロ円118.948-952、ユーロドル1.10125-128で推移している。

最終更新:9月12日(木)11時15分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン