ここから本文です

日産自、次期CEOの有力2候補に内田・関専務=関係筋

9月12日(木)17時42分配信 ロイター

9月12日、日産自動車の次期最高経営責任者(CEO)に専務執行役員の内田誠氏と関潤氏が浮上している。写真は日産のロゴ。上海で4月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
拡大写真
9月12日、日産自動車の次期最高経営責任者(CEO)に専務執行役員の内田誠氏と関潤氏が浮上している。写真は日産のロゴ。上海で4月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
現在値
日産自 709.3 -4.4
[シアトル/パリ 12日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>の次期最高経営責任者(CEO)に専務執行役員の内田誠氏と関潤氏が浮上している。事情に詳しい4人の関係者が明らかにした。

話し合いは進行中で、なんら決定していないという。 2人の関係者によると、山内康裕暫定CEOも含め他の候補者となる可能性もある。

日産は9日、西川広人社長兼CEOが16日付で辞任し、山内最高執行責任者(COO)が暫定的な後任に就くと発表した。指名委員会が10月末をめどに正式な後任を決めるとしている。

次期CEO人事は、日産の筆頭株主である仏ルノー<RENA.PA>とのアライアンスの将来に多大な影響を及ぼすことになる。次期CEOは、ルノーと関係強化を推し進める、あるいは一線を画して独自路線を進む可能性がある。

内田氏は、中国事業の統括責任者。関氏は、中国事業の責任者を務めた経験があり、現在はリカバリー担当。

2人の関係者によると、内田氏は、アライアンスの購買担当の経歴も持ち、ルノーや、日産の取締役会のルノー寄りのメンバーから支持されている。一方、関氏は、日産寄りのメンバーの支持を受けている。

「ルノーとしては、内田氏の方がなじみがある。ルノー側は、関氏よりも内田氏の方がはるかに御しやすいと考えている」と日産関係者は語った。

今のところ、日産のコメントは得られていない。

2人の関係者によると、他の取締役会メンバーは、内部要因および幹部として豊かな経験から関氏支持に傾いている。

日産関係者は「関氏は、人間性の面で優れ、日産内で人気がある。同僚や部下からも信頼されている」と語った。

別の関係筋によると、日産の指名委員会は、約10人のリストから候補を絞り込んでいる。

自動車業界専門の人材紹介会社ターンポイント・コンサルティングのアンドレ・リンデキュー代表取締役は、残された時間が少ないことを考えると、現在の経営陣に入っていない人物が次期CEOに抜擢される可能性は低いとみる。

「コーポレート・ガバナンスの改善に重点を置いていることから、経営陣にさほど混乱をもたらさない人物を昇格させる余地がある」との見方を示した。

こうした中、西川氏の辞任を巡って社外取締役の井原慶子氏とジェニファー・ロジャーズ氏が重要な役割を担っていたことが関係者らの話で分かった。それによると2人は西川氏に辞任を迫ったほか、山内氏の暫定CEO就任に向け働き掛けを行ったとみられる。日本企業の取締役会で女性や外国人が影響力を振るうのはまれという。

*内容を追加しました。

最終更新:9月13日(金)0時31分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン