ここから本文です

【為替本日の注目点】ECB理事会待ち

9月12日(木)10時50分配信 サーチナ

ドル円は株高と金利高を支えに引き続き堅調に推移。NYでは107円86銭までドル高が進むが108円台には届かず。ユーロドルはドル高の流れに押され小幅に下落し、(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
ドル円は株高と金利高を支えに引き続き堅調に推移。NYでは107円86銭までドル高が進むが108円台には届かず。ユーロドルはドル高の流れに押され小幅に下落し、(イメージ写真提供:123RF)
 ドル円は株高と金利高を支えに引き続き堅調に推移。NYでは107円86銭までドル高が進むが108円台には届かず。ユーロドルはドル高の流れに押され小幅に下落し、1.0985まで下落。ECBの理事会を待つ姿勢が強まる。株式市場は主要3指数が揃って上昇。米中通商協議への期待や対イランとの関係改善期待からダウは277ドル上昇し、2万7千ドルの大台を回復。債券は小幅に売られたが、ほぼ横ばい。長期金利は1.74%に迫る。金は5日ぶりに反発。原油価格はトランンプ政権がイランとの対話を検討していたことが材料となり大幅に続落。
8月生産者物価指数   →  0.1%
ドル/円 107.63 ~ 107.86
ユーロ/ドル 1.0985 ~ 1.1013
 
ユーロ/円 118.29 ~ 118.76
NYダウ  +277.61 → 27,137.04ドル
GOLD   +4.00  → 1,503.20ドル
WTI  -1.65  → 55.75ドル
米10年国債  +0.007  → 1.739%
本日の注目イベント
独 8月消費者物価指数(改定値)
欧 ユーロ圏7月鉱工業生産
欧 ECB政策金利発表
欧 ドラギ・ECB総裁記者会見
欧 国際エネルギー機関(IEA)月報
米 8月消費者物価指数
米 新規失業保険申請件数
米 8月財政収支
 前日、強硬派のボルトン大統領補佐官が解任されたことで、対イラン政策に変化が出てきそうな気配です。トランプ大統領がイランに対する制裁を緩和する議論を行った際、ボルトン氏が強行に反対していたことが明らかになり、その他にも両者の意見が対立していたことで、10日の解任発表につながったようです。強硬派のボルトン氏がホワイトハウスを去ったことで、トランプ氏はイランに対する原油禁輸措置の緩和を検討しているとの報道もあり、月内にロウハニ・イラン大統領との会談も検討しているようです。実際、昨日のNY原油先物市場では、両国の緊張が和らぎイランからの原油供給が増えるとの見方から原油価格が大きく売られています。
 また、中国が追加関税対象から一部の米製品を除外したことで、10月初旬に再開される米中通商協議への改善期待も浮上しています。トランプ氏は、「正しいことをした」と評価し、「中国は通商協議での合意を望んでいる」との見方を改めて示しました。ただ、トランプ氏は相変わらずパウエルFRBへの「口撃」を続け、「FRBは米政策金利をゼロかそれ以下に引き下げるべきだ」とツイートし、さらに、「パウエル議長と連邦準備制度は、ばか正直なために、他の国々が既にやっていることを米国は許さない。《愚か者たち》のせいでわれわれは一生に一度の機会を逃がしている」と続けています。(ブルームバーグ)FOMC開催が来週17-18日に迫ってきたことで、さらに利下げ圧力を強めてきたトランプ氏です。
 NY株式市場の上昇ぶりが際立っています。とりわけダウは昨日も277ドル上昇しました。これで、6営業日連続で上昇し、7月30日以来となる2万7000ドルの大台回復を達成しています。「マネーが債券からか株式にシフトしている」と前日コメントしましたが、その影響は日本株にも現れてきて、日経平均株価は今週に入って上昇傾向を強めています。また債券市場では一時マイナス0.3%近辺まで買われた10年債が下落に転じてきました。機関投資家がリスクに対する姿勢をやや緩めたということで、ドル円でも安全通貨の円を手放す動きにつながっています。
 ドル円は107円86銭まで上昇したことで日足の雲抜けを示現しましたが、108円には届いていません。昨日この欄でも述べたように、フィボナッチ・リトレースメントでいう「半値戻し」が107円98銭ということで、108円前後は意識されるレベルと言えます。これら一連の動きは、本日から始まる日米欧の金融政策会合を前にしたポジション調整の一環と見ていますが、政策会合での結果次第では足元の動きがさらに継続する可能性もあります。個人的には会合以降、再びリスクを避ける動きに戻るような気がしますが、あまり明確な根拠はありません。108円近辺の足元のドル円は、今年のドルの高値112円とドルの安値104円のちょうど真ん中にいます。この先どちらに向かうのか、政策会合と米中通商協議がカギを握っています。本日のドル円は107円50銭~108円30銭程度と予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:9月12日(木)10時50分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン