ここから本文です

NY為替見通し=米経済指標・企業決算がなくドル円の値動きは限られるか

9月10日(火)19時42分配信 トレーダーズ・ウェブ

 本日のNY時間のドル円は、107円台で堅調地合いを維持するものの、上値を拡大して上昇するのは時間を要し、レンジ取引になりそうだ。
 米中間の通商摩擦に対して楽観的なムードが漂っていることで、ドル円は東京時間に一時107.50円まで上昇している。しかし、本日は米国からの主だった経済指標の発表予定がないことで、更なる上値を買い上げるのは難しそうだ。仮に米中通商関係でポジティブなニュースや発言が出た場合でも、協議が開かれる前にこれ以上憶測だけでリスクオンになるのは危険なことで、上値も限られるだろう。
 また米国の主要企業の決算発表がないことで、株式市場も大きな動きが期待できないこともドル円の値幅を狭めるだろう。アップルから新型i-Phoneが発表されるが、以前のような過熱感もなく米株への影響も限られそうだ。

 ドル円は大きくレンジを広げるのは難しいだろうが、昨日から乱高下を繰り返しているポンドの動きには引き続き警戒したい。英議会が閉会することでいったんは落ち着く可能性もあるが、ブレグジットへの観測や発言などで上下する可能性はまだ高い。議会は10月14日まで閉会される予定だが、9月29日のマンチェスターで行われる保守党の党大会、(10月2日最終日にジョンソン氏の演説が行われる可能性)まで、保守党議員の動きもありそうだ。昨日閣僚職だけではなく保守党も離党したラッド氏以外にも、離党する議員が出てくるのかも注目される。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、日足一目均衡表・雲の上限107.73円。ポンド円は90日移動平均線の134.66円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表・転換線の106.62円。ポンド円は昨日安値130.81円。
松井

最終更新:9月10日(火)19時42分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン