ここから本文です

前場コメント No.6  THK、コラボス、大日印、ネットマーケ、ハピネットなど

9月5日(木)11時34分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
コラボス 800 +7
LINE 3,925 +100
ネットマケ 845 +11
THK 2,876 -17
TDK 10,520 -90
★9:21  THK-みずほが目標株価引き上げ 産機における受注残消化の進展、輸送機器の収益改善確度を見極めたい
 THK<6481>が続伸。みずほ証券では、産機における受注残消化の進展、輸送機器の収益改善確度などを慎重に見極めたいと指摘。投資判断は「中立」を継続し、目標株価は2200円→2300円に引き上げた。

 2Q事業利益(IFRS)は143億円を予想、推定前年同期146億円から-2%の減益と予想した。為替を除く実質では+6%の増益に転じ、3Q以降は実質2桁増益に回復するとみている。背景は1Qの一過性要因(北米のピアノ/管楽器の出荷遅延、PA機器の新製品投入遅れ、国内ICTの代理店在庫調整)が解消するという。3Q以降はその他事業(FAなど)の前年比較のハードルが下がり、楽器・音響の増益が全社収益にも表れてくると予想している。他方、米国の対中関税第4弾(楽器は9月1日から15%の輸入関税/年間影響額は単純計算で-20億円程度)、中国の景況感悪化による成長減速(沿岸部の高価格帯楽器)や電子楽器の模倣品の影響、国内管楽器需要減などはしばらく尾を引くとみている。

★9:23  コラボス-3日ぶりに大幅反発 COLLABOS CRMとLINE Account Connectの連携進ちょくを発表
 コラボス<3908>が3日ぶりに大幅反発。同社は4日に、LINE<3938>が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した法人向けサービスの「LINE Account Connect」と、同社が提供するコールセンター向けクラウド型顧客情報管理システム「COLLABOS CRM」との連携開発の進ちょくを発表した。

 「LINE Account Connect」の「LINE Chat API」機能である「AIによる自動応答システム」、および「有人によるチャット機能」と、同社が提供するコールセンター向けクラウド型顧客情報管理システム「COLLABOS CRM」との連携開発は完了し、製品としての認定を完了
 「LINE Biz-Solutions Partner Program」において、「LINE Account Connect」の「Technology Partner」の認定についてもエントリー済みとなり、審査段階となっているとした。

★9:25  村田製作所など-アップル関連が高い iPhone廉価版発売と日経報じる
 村田製作所<6981>、TDK<6762>、太陽誘電<6976>などアップル関連が急騰。5日付の日本経済新聞朝刊で、米アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の価格を抑えた新製品を2020年春にも発売することが4日、明らかになったと報じたことが材料。

 記事では、有機ELよりも安価な液晶パネルを使い、最新機種より画面を小さくする。アップルが得意としてきた高級機種は中国経済の減速などで販売が落ち込んでいる。廉価版を投入し、韓国のサムスン電子や中国の華為技術(ファーウェイ)などの商品に対抗するとしている。

 同報道を受け、アップル向けに部品を提供する関連企業が急伸している。
 

★9:29  大日本印刷-岩井コスモが「A」へ引き上げ 第1四半期は2ケタ営業増益の好スタート
 大日本印刷<7912>が反発。岩井コスモ証券では、第1四半期は主力3事業が増益となり、2ケタ営業増益の好スタートと判断。投資判断を「B+」→「A」と引き上げた。目標株価は2750円を継続。

 第1四半期が好スタートとなったことが同社の相対的な魅力を再評価するきっかけとなりそう。今期好スタートを切ったこと以外の注目点としては、(1)国内では出版市場の低迷により出版メディアの不振が続いているが、電子書籍やキャッシュレス化進展による ICカードの拡大、IT系グループ会社と連携した情報サービスの伸びにより、国内事業が安定した収益を稼げるようになったこと、(2)有機EL部材(発光材料の蒸着に使うメタルマスク)や半導体製造用フォトマスクの売り上げに加速感が確認できたこと、(3)主力が国内事業のため、円高は減益要因にはならないことなどであるとした。

★9:30  ネットマーケティング-大幅反発 「Omiai」新規会員数8月度35%増
 ネットマーケティング<6175>が大幅反発。同社は4日、8月度月次IRニュースを発表した。8月度の恋愛マッチングサービス「Omiai」累計会員数は461万1000人(前期比34.7%増)となった。7月度は449万3000人(同35.3%増)だった。また、8月度の新規会員数は11万8000人(前期比14.6%増)だった。

★9:34  ハピネット-反発 Nintendo Switchで完全新作「ブリガンダイン ルーナジア戦記」発売
 ハピネット<7552>が反発。同社は5日9時に、Nintendo Switchにて「ブリガンダイン ルーナジア戦記」を2020年春に発売すると発表した。

 9月12日~15日に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ 2019」のハピネットブースにて、「ブリガンダイン ルーナジア戦記」ブースを出展するとしている。
東野

最終更新:9月5日(木)11時34分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン