ここから本文です

セグエ---中核子会社ジェイズ・コミュニケーションがAIを活用した次世代マネージドSIEMサービスを開始

9月5日(木)18時51分配信 フィスコ

現在値
セグエG 876 -21
セグエグループ<3968>は5日、中核子会社であるジェイズ・コミュニケーションが、AIを利用した次世代SIEMプロダクトであるStellarCyberのStarlightを活用したマネージドSIEMサービス「Starlight SOC in BOX」を、9月1日より開始したと発表した。

「Starlight SOC in BOX」は、既に導入済のセキュリティ機器のログを取込み、AIが統合的に解析し危険な兆候をアラートし、日本語でレポートを提示するサービス。オプションサービスとして、セキュリティアナリストによる運用支援サービスを低コストで付加することも可能。

今後、ジェイズ・コミュニケーションは、サービスラインアップの充実を図るとしている。「Starlight SOC in BOX」のサービス展開により、ジェイズ・コミュニケーションは、今後3年間で約3億円の売上を見込んでいる。

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:9月5日(木)18時51分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン