ここから本文です

ユーピーアールは10月15日に本決算を発表、前期業績は織り込み済み

9月4日(水)8時32分配信 サーチナ

ユーピーアール<7065>(東2)は、本年6月12日に東京証券取引所市場第二部に上場。同社グループは、木製パレットの製造業者として山口県宇部市に創業し、それ以来「パレットを通じ人々の生活を便利にすること」を事業原点として・・・。
拡大写真
ユーピーアール<7065>(東2)は、本年6月12日に東京証券取引所市場第二部に上場。同社グループは、木製パレットの製造業者として山口県宇部市に創業し、それ以来「パレットを通じ人々の生活を便利にすること」を事業原点として・・・。
現在値
UPR 11,140 -220
 ユーピーアール <7065> (東2)は、本年6月12日に東京証券取引所市場第二部に上場。同社グループは、木製パレットの製造業者として山口県宇部市に創業し、それ以来「パレットを通じ人々の生活を便利にすること」を事業原点として、パレット等物流機器のレンタル及び販売を主たる業務とする「物流事業」と位置情報・遠隔監視ソリューションを提供するIoTサービスとカーシェアリングを提供するビークルソリューションサービスからなる「コネクティッド事業」を展開している。
 
 トラックドライバーの高齢化や人手不足が更に深刻化する中、昨年7月に起きた西日本豪雨災害によって鉄道の貨物輸送網が遮断され、トラック輸送が急激に拡大したため、運送会社がバラ積みを敬遠しパレット輸送を急拡大したことに加え、本年10月の消費税増税前の駆け込み需要へ対応するために各社が在庫を積み増す中、レンタルパレットの需要は増加傾向が続いている。
 
 前19年8月期第3四半期業績実績は、売上高86億5500万円、営業利益7億0200万円、経常利益8億3500万円、純利益4億6200万円に着地。
 
 7月12日大引け後に今20年8月期業績予想と配当予想の上方修正を発表済みで、売上高は従来予想の112億6100万円(前の期比8.6%増)から115億8700万円(同11.8%増)、営業利益は同5億2000万円(同18.3%減)から7億0600万円(同11.1%増)、経常利益は7億2400万円(同9.9%減)から9億4300万円(同17.4%増)、純利益は4億0700万円(同28.2%減)から5億0500万円(同10.9%減)に見通し。年間配当予想は、期末一括は同25円から35円を予定している。
 
 株価は、6月14日につけた上場来安値3400円から8月14日に上場来高値6930円と上昇。前期業績については織り込み済みとの見方から、配当落ちに伴い、9月3日安値5230円と下げている。本決算の発表は10月15日を予定しており、今20年8月期業績予想を見極めようと手控えムードが強まっている。目先5000円どころが下値となるか、注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:9月4日(水)8時32分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン