ここから本文です

有機薬が急騰、日米貿易協定で思惑、「グリシン」高関税撤廃への期待か

8月27日(火)10時23分配信 モーニングスター

現在値
有機薬 235 +1
 有機合成薬品工業 <4531> が一時前日比13.3%高の247円まで急騰した。9月下旬の署名が見込まれる日米貿易協定に絡み、高関税にさらされている同社製品に思惑が向ったようだ。

 同社は有機化合物を食品や工業品向けに幅広く供給する。主力製品であるアミノ酸類の「グリシン」について、米当局が日本製品に対するアンチ・ダンピング措置を今年正式に発動(税率53.7%)している。

 市場の一部で、日米貿易協定でこうした状況が見直されるのではないかとの期待が浮上し、短期筋の買いにつながった格好。ただ、有機薬では関税率の見直しについて「ニッチな市場なので大きな期待は持っていない」(IR担当者)と話している。一方、米国は引き続き重要な市場とみて、高品質の日本製品のニーズを掘り起こしていく構えだ。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月27日(火)10時23分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン