ここから本文です

日経平均は450円程度安、米国株安や円高で売り優勢の展開=26日寄り付き

8月26日(月)9時28分配信 モーニングスター

現在値
出光興産 3,165 -140
JXTGH 497 -15
AGC 3,245 -95
ガイシ 1,584 -6
コマツ 2,494.5 -21
 26日午前9時3分すぎの日経平均株価は、前週末比450円程度安の2万260円前後で推移する。午前9時3分には、同537円15銭安の2万173円76銭を付けている。前週末23日は、中国政府が米国の制裁関税「第4弾」への報復として、9月1日から最大10%の追加関税を課すと発表し、トランプ米大統領はツイッターに、対抗措置を取るとツイートした。それらの動きから、現地23日の米国株式は、米中貿易摩擦の拡大を警戒。リスク回避姿勢が高まり、大幅に下落した影響を受け売りが先行した。為替市場で、円相場がドルやユーロに対し円高方向にあることも重しとなっている。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、前週末23日の大阪取引所終値比530円安の2万190円だった。

 業種別では、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株が下落。第一生命HD <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株や、AGC <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株も安い。コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械株や、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株も軟調。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株も下げるなど、全33業種が下落している。

 個別では、Wスコープ <6619> 、シークス <7613> 、CKD <6407> 、ミマキエンジ <6638> 、安川電機 <6506> などが下落。半面、UNEXTH <9418> 、フルキャスH <4848> 、enish <3667> 、トレファク <3093> 、小林産 <8077> などが上昇している。

 東京外国為替市場は午前9時3分時点で、1ドル=104円台の後半(前週末23日終値は1ドル=106円64-65銭)、1ユーロ=116円台の後半(同118円04-08銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月26日(月)9時28分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン