ここから本文です

大真空が続落、三菱UFJモルガン証は「ニュートラル」継続、目標株価は1050円に引き下げ

8月26日(月)16時14分配信 モーニングスター

現在値
大真空 1,048 -8
 大真空 <6962> が続落し、一時50円安の929円を付けた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では23日付で、レーティング「ニュートラル」(中立)を継続、目標株価は1150円から1050円に引き下げている。

 同証券では、水晶デバイス需要の悪化を織り込み、業績予想を下方修正するとしている。連結営業利益について、20年3月期3億円(前期比6.3倍、従来5億円、会社側計画は10億円)、21年3月期10億円(従来14億円)、22年3月期16億円(同20億円)と試算。エクイティストーリーは、車載向け水晶デバイス、新製品「Arhk.3G」の拡販に伴う業績成長を挙げている。

 短期的には景気減速に伴う需要低迷が業績にマイナス影響している現実も踏まえ、「ニュートラル」とするとしている。現在同社は、TCXO生産ラインのSPXOへの切り替え、小型音叉型振動子の生産移管、などを実施中で、製品在庫を厚めに持つ必要はあるものの、今後の在庫削減に伴う稼働率抑制には注意が必要と指摘。「Arhk.3G」の生産は7月に開始され、現時点では順調。20年3月期は採用される用途が限定的なものの、長期的な成長ドライバーとして注目するとしている。

 26日の終値は前週末比53円安の926円。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月26日(月)16時14分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン