ここから本文です

長期金利、マイナス0.280%に低下

8月26日(月)12時00分配信 時事通信

 26日の東京債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の流通利回りが低下(価格は上昇)し、一時マイナス0.280%を付けた。2016年7月以来、約3年1カ月ぶりの低水準。
 米中貿易摩擦の深刻化による世界経済減速への懸念から株価が下落、安全資産とされる国債が買われた。 

最終更新:8月26日(月)15時29分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン