ここから本文です

〔東京株式〕全面安でスタート=円高と米株安を嫌気(26日前場寄り付き)

8月26日(月)9時14分配信 時事通信

 【第1部】急速な円高進行と前週末の米国株安を嫌気し、全面安で取引が始まった。日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに大幅に下落して寄り付いた。
 ソフトバンクG、任天堂が売り気配を唱えて始まり、東エレク、キーエンスは大幅安。三菱UFJ、三井住友の売りが厚く、みずほFGも下押し。武田が売られ、資生堂も下押し。ファーストリテが安く、JTは軟調。わずかに、石川製が買い進まれ、enishはしっかり。(了)

最終更新:8月26日(月)11時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン