ここから本文です

NY市場動向

8月24日(土)10時19分配信 フィスコ

ニューヨーク市場終値

現在値
エーザイ 5,372 -148
資生堂 8,691 +86
ソニー 6,542 +5
ファナック 20,135 -205
トヨタ 7,441 +45
NYDOW : 25628.90 (-623.34)
NASDAQ : 7751.77 (-239.62)
CME225 : 20190 (-530(大証比))


23日のNY市場は下落。ダウ平均は623.34ドル安の25628.90、ナスダックは239.62ポイント安の7751.77で取引を終了した。朝方は、パウエルFRB議長の講演を見極めたいとの思惑から小動き。中国政府が米国からの輸入品750億ドル相当への新たな関税措置を発表すると、大きく下落する展開となった。トランプ大統領が同国を激しく非難するなど、米中貿易摩擦への警戒感が広がり、終日大幅下落となった。パウエル議長による講演は利下げに含みを持たせたものの、概ね予想通りの内容となった。セクター別では全面安となり、特に半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器の下落が目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比530円安の20190円。トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、資生堂<4911>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、エーザイ<4523>など、対東証比較(1ドル105.39円換算)で全般軟調。《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:8月24日(土)10時19分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン