ここから本文です

東京為替:ドル・円は動意薄、米長期金利はほぼ横ばい

8月23日(金)14時41分配信 フィスコ

 23日午後の東京市場でドル・円は106円50銭台と、動意の薄い値動き。米10年債利回りは午前中から1.64%付近でほぼ横ばいとなり、ドルは売り買いともに動きづらい。一方、日経平均株価や上海総合指数はプラス圏を維持し、株高を好感した円売りがドル・円を小幅に押し上げているようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円40銭から106円62銭、ユーロ・円は117円90銭から118円17銭、ユーロ・ドルは1.1061ドルから1.1086ドルで推移した。

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月23日(金)14時45分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン