ここから本文です

<米国株情報>米ブイエム、クラウドセキュリティーの米イントリンシックを買収へ

8月23日(金)9時57分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,580 -40
野村 NYダウ30種ETF 28,290 -50
P500米株 3,510 -10
P500 ETF 32,300 -200
SAM NYダウETF 26,250 +60
 米デル・テクノロジーズ傘下でコンピューター仮想化ソフト世界最大手の米ブイエム・ウエア<VMW>は20日、米イントリンシックを買収すると発表した。買収額など金銭的な条件は明らかにされていない。

 イントリンシックはクラウドベースのセキュリティーソフト開発ベンチャー。イントリンシックのセキュリティーソフトはクラウドベースのアプリケーションを開発する際、アプリ上のバグやコンピューターウイルスなどの悪意あるコードからデータを保護できる。ブイエムは今回の買収により、サーバーレス・コンピューティング(サーバーの構築や保守・管理なしにアプリやサービスを開発し、コードを実行できる仕組み)分野の開発を強化できるとした。

 ブイエムは米オンライン小売大手アマゾン・ドットコム<AMZN>のクラウドベースのデータセンターサービス部門であるアマゾン・ウェッブサービス(AWS)などとの連携を強めることにより売上を急拡大しているが、イントリンシックもパブリッククラウドサービス分野で、アマゾンやソフト世界最大手の米マイクロソフト<MSFT>とビジネス関係を構築している。

 ブイエムはクラウド事業を強化するため、6月に複数のクラウドサービスを組み合わせて使用するマルチクラウド環境に適したアプリケーションを配信するプラットフォーム開発ベンチャーの米アビ・ネットワークスを、7月にはAI(人工知能)チップによる機械学習計算を高速化させる仮想化支技術で知られる米ビットフュージョンを買収した。現在は米クラウド向けソフト開発大手ピボタル・ソフトウエアの買収も協議している。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:8月23日(金)9時57分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン