ここから本文です

<米国株情報>中国アリババ、香港市場上場を10月まで延期か―香港情勢悪化で

8月23日(金)9時56分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,620 +60
野村 NYダウ30種ETF 28,340 +50
P500米株 3,520 +5
P500 ETF 32,500 +100
SAM NYダウETF 26,190 -120
 ニューヨーク証券取引所に上場している中国インターネット大手アリババ・グループ<BABA>が香港証券取引所への上場を延期するもようだ。ロイター通信が21日に伝えた。

 香港における民主化デモが長期化し、政治的な混乱が続いていることや金融市場が不安定になっていることが背景にある。当初は8月中にも上場する予定だった。アリババは一部の米メディアの取材に対し、「(市場の憶測には)ノーコメント」とした。

 米中貿易摩擦の激化により米政府による中国企業への風当たりが強まる中、アリババは香港市場に上場して資金調達先を増やす狙いがある。14年のNY市場への上場では250億ドル(現在のレートで約2.7兆円)を調達したが、香港市場では150億ドル(約1.6兆円)を調達したい考えだ。市場は10月ごろまで上場が延期される可能性があるとみている。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:8月23日(金)9時56分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン