ここから本文です

防衛関連株が急騰、GSOMIAの失効で地政学リスクを警戒する動きに

8月23日(金)10時03分配信 モーニングスター

現在値
細谷火工 850 -14
豊和工 768 ---
石川製 1,403 -7
日アビオ 1,155 +25
東京計器 907 +2
 防衛関連株が急騰している。韓国大統領府は22日、更新期限をむかえたGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)について、更新を行わないと発表。GSOMIAが失効することで、北東アジアを中心とした地政学リスクの上昇が警戒されることから、関連銘柄として物色の矛先が向かったようだ。

 個別では、石川製作所 <6208> が一時176円高の1600円まで買われ、東証1部の値上がり率上位に顔を出しているほか、豊和工業 <6203> が同53円高の783円、細谷火工 <4274> が同130円高の995円、重松製作所 <7980> が同29円高の705円、興研 <7963> が同24円高の1299円、日本アビオニクス <6946> 同39円高の1186円、東京計器 <7721> が同53高の915円を付けている。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月23日(金)10時03分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン