ここから本文です

【ディーラー発】様子見姿勢強まる(NY午後)

8月23日(金)4時36分配信 セントラル短資FX

午後に入ると、ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長の講演を控えた様子見姿勢が強まる状況。ドル円は106円40銭前後で揉み合っているほか、ユーロ円が117円95銭前後で、豪ドル円が71円90銭前後で小幅な値動きに終始するなど、クロス円も方向感に欠ける展開。また、序盤に強まったポンド買いも一服し、対ドルで1.2260前後で、対円で130円40銭前後で売買が交錯している。4時35分現在、ドル円106.408-411、ユーロ円117.954-958、ユーロドル1.10850-853で推移している。

最終更新:8月23日(金)4時36分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン