ここから本文です

米テスラ、中国生産EV向けの電池調達でLG化学と協議=関係筋

8月23日(金)18時59分配信 ロイター

 8月23日、関係筋によると、米電気自動車(EV)大手テスラは、上海工場で生産するEV向けの電池を韓国のLG化学から調達する方向で協議しており、交渉は進んだ段階に入っているもようだ。写真はテスラのロゴマーク。7月撮影(2019年 ロイター/Ints Kalnins)
拡大写真
 8月23日、関係筋によると、米電気自動車(EV)大手テスラは、上海工場で生産するEV向けの電池を韓国のLG化学から調達する方向で協議しており、交渉は進んだ段階に入っているもようだ。写真はテスラのロゴマーク。7月撮影(2019年 ロイター/Ints Kalnins)
現在値
パナソニク 894.7 +2.1
[23日 ロイター] - 関係筋によると、米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は、上海工場で生産するEV向けの電池を韓国のLG化学<051910.KS>から調達する方向で協議しており、交渉は進んだ段階に入っているもようだ。

パナソニック<6752.T>が現在、テスラ車の電池セルを単独で供給しているが、テスラは主要部品の調達先の多様化を進めているとされる。

ブムームバーグは23日、テスラがLG化学からの電池調達に合意したと報じた。LG化学の電池は当初、上海近郊の工場で生産する「モデル3」向けに使われるとしている。

関係筋によると、テスラは生産の初期段階では依然としてパナソニック製の電池を使用するとみられる。将来的には地元メーカーを含む他のサプライヤーから調達する意向だという。

ロイターはテスラにコメントを求めたが、今のところ応答はない。LG化学はコメントを控えた。

最終更新:8月23日(金)18時59分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン