ここから本文です

〔東京株式〕方向感つかめず=手掛かりなく小動き(23日前場寄り付き)

8月23日(金)9時13分配信 時事通信

 【第1部】日経平均株価は小幅安で始まった後にプラス圏に浮上したが、小幅な値動きにとどまっており、方向感のつかみにくい地合いとなっている。手掛かり材料が乏しい中で様子見気分が強く、東証株価指数(TOPIX)も小高い水準で動意薄。
 任天堂が締まり、ソニー、京セラ、東エレク、信越化は底堅い。資生堂が上伸し、アサヒは買い優勢。OLCが堅調。三菱UFJ、みずほFGが強含んでいる。半面、ソフトバンクGが安く、ファーストリテ、ZOZOは軟調。トヨタが小緩み、村田製は下押している。JTは売り物がち。(了)

最終更新:8月23日(金)11時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン