ここから本文です

NY株、小幅続伸=FRB議長講演控え様子見

8月23日(金)6時00分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】22日のニューヨーク株式相場は、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を翌日に控えて様子見姿勢が強い中、小幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比49.51ドル高の2万6252.24ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は28.82ポイント安の7991.39で引けた。
 パウエルFRB議長は23日、ワイオミング州ジャクソンホールで講演する。約10年半ぶりの利下げに踏み切った7月末の連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、議長は「利下げ局面の始まりではない」と説明。しかし、その直後にトランプ大統領が中国への制裁関税「第4弾」の発動を表明したことで先行き不透明感が増しており、市場では議長の講演内容に注目が集まっている。 

最終更新:8月23日(金)9時29分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン

外国株アクセスランキング