ここから本文です

22日の中国本土市場概況:上海総合0.1%高で続伸、貴州マオタイ最高値更新

8月22日(木)17時02分配信 フィスコ

22日の中国本土市場は小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比3.10ポイント(0.11%)高の2883.44ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、3.27ポイント(0.11%)高の3020.69ポイントで取引を終えている。

政策期待が強まる流れ。米中貿易摩擦などにより、国内経済成長の鈍化が懸念されるなか、当局は間もなく追加の景気下支え策を打ち出すとの観測が流れている。企業業績の好調も相場を支えた。中間決算の発表シーズンを迎え、業績改善を明らかにする企業が足もとで目立っている。元安警戒感の再燃で売られる場面がみられたものの、下値は堅く、指数は引けにかけてプラスに転じた。

業種別では、消費関連の上げが目立つ。なかでも、白酒(中国の蒸留酒)メーカー大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)は3.6%高の1104.00人民元に上昇し、上場来高値を更新した。中国当局は「国内消費を盛り上げるために、制度改革などを通じて可処分所得を増加させる」と表明している。医薬品株、発電株、保険株、インフラ関連株、自動車株の一角も買われた。

他の個別株動向では、海洋油田掘削サービス大手の中海油田服務(601808/SH)が5.1%高と急伸。同社の6月中間決算では、純損益が黒字に転換した。

深センに基盤を置く銘柄群も、連日で物色される。新エネバス製造の中通客車(000957/SZ)やEコマースなどの深セン賽格(000058/SZ)、不動産開発・小売チェーンの皇庭国際(000056/SZ)、物流管理の怡亜通(002183/SZ)などがそろってストップ高した。域内経済の支援策を期待している。香港の社会混乱が続くなか、中国政府は「粤港澳大湾区(広東・香港・マカオ・ビッグベイエリア)」の発展戦略を巡り、中心的存在として深センを重視する方針に転換したもよう――と伝えられた。また、中国国務院は18日、深セン市に関する金融機能の強化やインフラ整備の加速などで新方針を打ち出している。深セン上場のA株とB株で構成される深セン総合指数は0.4%上昇し、今月の高値を切り上げた。

半面、ハイテク株の一角はさえない。LED基盤・チップ中国最大手の三安光電(600703/SH)が3.6%下落した。同社が公表した中間決算では、純利益が前年同期比で半減している。銀行株、不動産株、空運株なども売られた。

一方、外貨建てB株はまちまち。上海B株指数が0.47ポイント(0.18%)安の264.34ポイント、深センB株指数が2.70ポイント(0.29%)高の950.71ポイントで終了した。

【亜州IR】


《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月22日(木)17時06分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン