ここから本文です

【本日の材料と銘柄】厚労省、転職で賃金増の割合が過去最大と発表

8月22日(木)16時14分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
ディップ 2,787 +128
キャリアデ 1,311 -8
エンJPN 4,240 +120
リクルトH 3,418 -40
厚生労働省が21日に発表した2018年の雇用動向調査によれば、転職に伴って賃金が増加した人の割合は、前年に比べて0.6ポイント高い37.0%となり、比較可能な2004年以降で最高水準に達したと伝わっている。人手不足を背景に、賃金を引き上げてでも必要な人材を確保しようとする企業の動きが強まっているようだ。

<2379>ディップ{求人情報サイトを運営。アルバイトの「バイトルドットコム」が主体}
<2410>キャリアデザインセンター{求人情報誌などで転職情報を提供。エンジニア分野に強み}
<4849>エン・ジャパン{ネット求人大手でサイトを運営}
<6098>リクルートHD{販促・求人情報サービス大手。人材派遣業も}
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月22日(木)16時40分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン