ここから本文です

ACSL---大幅に反発、ドローン商用化のルールづくり開始の報道を材料視

8月22日(木)9時46分配信 フィスコ

現在値
自律制御S 3,210 +235
<6232> ACSL 3100 +80
大幅に反発。一部メディアが「政府はドローンを使った宅配サービスなどの商用化をにらんだルールづくりを始める」と報じ、買い材料視されている。報道によると、「22年度をめざし、所有者や使用者、機種などの登録制度を創設する」という。自律制御システム研究所<6232>は物流・空撮・測量・点検など産業用のドローンの開発を行っており、ルール整備でドローンが普及し、同社の利益拡大につながるとの思惑が広がっているようだ。《HH》

[ 注記 ]

現在値に記載されている「カ」「ウ」は、それぞれ「買い気配」「売り気配」を意味します。気配値を使用していない場合、「カ」「ウ」は記載されておりません。 株価は作成時の株価を表示しております。
株式会社フィスコ

最終更新:8月22日(木)9時49分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン