ここから本文です

〔ロンドン株式〕反発(21日)

8月22日(木)1時17分配信 時事通信

 【ロンドン時事】21日のロンドン株式市場は反発し、英FT100種平均株価指数(FTSE100)は前日終値比78.97ポイント(1.11%)高の7203.97で終了した。
 主要国の景気刺激策への期待感が広がる中、朝高で始まり、他の欧州株や米国株の寄り付きの反発を眺めて一段高となった。指数構成銘柄全体の約8割が上昇した。
 イタリアのコンテ首相が前日に辞意を表明したが、欧州株は堅調を維持。21日のイタリアの株式市場は約1.8%の大幅高で引けた。
 主な個別銘柄では、高級衣料バーバリーが4.5%高と堅調。賭け屋大手フラッター・エンタテイメントも3.9%高と締まった。航空・防衛大手BAEシステムズは2.6%高、航空機エンジン製造大手ロールス・ロイスも2.0%高と買われ、製薬大手アストラゼネカも2.0%高としっかり。石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルはA株(1.6%高)、B株(1.8%高)ともにこわばった。
 半面、金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が1.4%安と緩んだ。(了)

最終更新:8月22日(木)2時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン