ここから本文です

個別銘柄戦略:カカクコムやルネサスに注目

8月21日(水)9時06分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
カカクコム 2,657 -14
JCRファ 8,130 -10
資生堂 8,737 +15
ソラスト 1,236 +24
ルネサスエ 661 -2
20日の米国市場は、NYダウが173.35ドル安の25962.44、ナスダック総合指数が54.25pt安の7948.56と下げ、シカゴ日経225先物も大阪日中比180円安の20480円と下落した。21日早朝の為替は1ドル=106円20-30銭と、昨日大引け時点比で30銭ほどの円高。本日の東京市場は米株安につられるかたちで軟化が予想される。昨日に出来高の増加を伴って大幅上昇したキーエンス<6861>や資生堂<4911>のほか、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ソニー<6758>といった大型輸出株を中心に利食い売りが先行しよう。米長期金利が再び低下していることもあり、金融株などにも売りが先行すると予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたカカクコム<2371>、JCRファーマ<4552>、ソラスト<6197>、ルネサス<6723>、アズビル<6845>、日東電工<6988>、パンパシHD<7532>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:8月21日(水)9時09分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン