ここから本文です

東芝、金沢大学と糖尿病性腎症の重症化メカニズムの解明による精密医療の実現に向け共同研究

8月21日(水)7時31分配信 モーニングスター

現在値
東芝 3,440 -10
 東芝 <6502> は19日、同社および東芝デジタルソリューションズ、金沢大学(石川県金沢市)医薬保健研究域医学系の和田隆志教授らの研究グループは、糖尿病性腎症の重症化メカニズムの解明により精密医療の実現を目指す共同研究を開始したと発表した。

 今回の共同研究では、東芝デジタルソリューションズのアナリティクスAI(人工知能)「SATLYS」を活用することで、透析導入および重篤な合併症を引き起こす可能性がある糖尿病性腎症重症化メカニズムを解析する。さらに、リスクごとに詳細に層別化・体系化された予防法を開発することで、患者のクオリティー・オブ・ライフ向上を目指すとしている。

 20日終値は、前日比15円安の3175円。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月21日(水)7時31分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン