ここから本文です

日経平均は79円高と3日続伸、買い先行後は戻り待ちの売りに押されるも堅調=20日前場

8月20日(火)11時50分配信 モーニングスター

現在値
信越化 11,825 +5
花王 7,995 +58
出光興産 3,250 +10
JXTGH 501.1 +2
日立 3,985 -80
 20日の日経平均株価は、前日比79円56銭高の2万642円72銭と3日続伸して前場の取引を終了した。朝方から買い先行でスタートし、午前9時35分には、同119円85銭高の2万683円02銭と、前場の高値を付ける場面がみられた。その後は、手掛かり材料難のなか、戻り待ちの売りに押され上値が重い展開が続いた。米株価指数先物が時間外取引で小動きとなり、20日の中国・上海総合株価指数が前日終値近辺で推移するなど、方向感のつかみづらいなか、堅調な展開となった。東証1部の出来高は4億4451万株、売買代金は7524億円。騰落銘柄数は値上がり1449銘柄、値下がり576銘柄、変わらず119銘柄だった。

 市場では「きのう19日と市場環境に変わりがないなか、依然として市場参加者は少なく、株価指数の方向感は出づらい状況にある」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株や、大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株が上昇。出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株や、日立 <6501> 、ソニー <6758> などの電機株も高い。信越化 <4063> 、花王 <4452> などの化学株や、横河ブリッジHD <5911> 、LIXILG <5938> などの金属製品株も堅調。KDDI <9433> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株や、コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械も上げた。東証業種別指数は、26業種が上昇、7業種が下落している。

 個別では、テモナ <3985> 、ヤマシンF <6240> 、enish <3667> 、GameW <6552> 、インターアク <7725> などが上昇。半面、ワイヤレスG <9419> 、エボラブルA <6191> 、グローバルK <6189> 、アニコムHD <8715> 、NCHD <6236> などが下落している。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月20日(火)11時50分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン